任意整理とクレジットカードについて|任意整理する前に要チェック!

任意整理とクレジットカードについて|任意整理する前に要チェック!

任意整理とクレジットカードについて|任意整理する前に要チェック!

金融機関などからの借金の返済に行き詰まり、弁護士や司法書士を通じた任意整理によって負担を軽くしたという場合については、そのデメリットして、他のクレジットカードによる借り入れに影響が及ぶ可能性があります。
まず、任意整理はいわゆる「金融事故」とよばれるカテゴリーに該当しますので、任意整理で相手方となった金融機関が加盟している信用情報機関に、その事実が事故情報として記録されてしまいます。
このため、クレジットカードを新しく申し込む場合には、カード会社が融資審査のために信用情報機関に個人情報を照会したときに、事故情報があることが知れてしまい、クレジットカードの審査が通過できないということになります。
また、すでに取得済みのクレジットカードを問題なく使用していたとしても、有効期間終了直前の時期などに、そのカード会社が個人情報を照会して事故情報が明らかになってしまうと、突然クレジットカードの使用打ち切りとなってしまう場合も想定されます。
クレジットカードがなければ、何か店頭でものを買ったりサービスを受けたりする際には、必ず現金で支払うしか方法がないため、手元にある程度の蓄えがないと買い回りも厳しくなります。
また、クレジットカードがあれば当然のように使うことができた分割払いの制度も利用できなくなってしまうため、生活のなかで一度に大きな金額が必要になる場合も生じてくるという点にも十分に留意する必要があります。